あなたは
「無在庫販売」
という言葉を
聞いたことがありますか。

無在庫販売とは
その名の通り
在庫を仕入れずに販売を
行う形態のことを言いますが
日本の在住者であれば
普通はAmazon「輸出」販売になります。

Amazon輸出無在庫販売

Amazon輸入 無在庫

無在庫販売の大きな特徴は
注文を受けた後で
仕入れ活動を行うということにあります。

注文を受けた「後」ですので
ここで重要になるのが時間です。

 

予め注文者(購入者)に
配送完了までの期間が
通常よりも2,3週間と長くなってしまう
可能性を了承してもらって
初めて成立する商売という訳です。

通常、
購入者の性質として
待ちたくないはずです。

 

 

では、
何故長い時間を掛けてまで
納品を待てるのでしょうか。

それは大きく分けると
二つの要因がありまして

一つは
他に販売者がいないから
その出品者から買うしかないことと

もう一つは
無在庫での販売者が
他のどの出品者よりも
価格が安いかにあります。

つまり、
待つ理由になるということです。

 

では、
配達期間の長さを了承してもらったとして
販売する側にも
実はリスクがあります。

 

注文を受けてから
仕入れを行う訳ですから
注文時に目星を付けていたショップ等から
在庫が確保できない場合。

または、
目星を付けていた時の価格よりも
価格が跳ね上がっている場合です。

 

前者は
在庫が物理的に確保できない訳ですから
納品のしようがありませんし

後者は
当初の利益計算からずれてくるでしょうから
大きく赤字を出すかもしれません。

このケースが発生した際に
キャンセルをすれば簡単な訳ですが
ここが一つのリスクとなります。

 

 

Amazonは発送遅延、キャンセル等
敏感なプラットフォームですので
この行為を繰り返した場合
出品者にペナルティを与えます。

結果として
アカウントが閉鎖されるという
措置に至ることもあり得ますので
それほどに在庫管理が重要とされる訳です。

 

これが
Amazon輸出無在庫販売の実態となるのですが
逆では成立するでしょうか。

逆とは、
海外から仕入れて
日本で販売するという無在庫販売のケースです。

 

実は、
無在庫販売を専門とした
プラットフォームが国内にはありますので
見ていきましょう。

 

BUYMAでの無在庫販売

Amazon輸入 無在庫

BUYMAとは
主にファッションブランドを扱った
海外ブランドの販売に特化した
ソーシャルショッピングサイトです。

 

海外ブランドのアパレル商品ですので
平均単価が数万円という
ハイエンド商品のビジネスモデルとなります。

 

これが成立しているのは
今まで海外ブランド品を購入する為には
代理店や輸入業者から買うしか
ありませんでしたが
BUYMAの登場により、個人から
安価で直接買うことができる仕組みです。

 

では、
BUYMAの無在庫販売システムに
話を移しますが、
BUYMAでは
公に無在庫販売を認めています。
(というかその仕組みで回っている)

 

ですので、
ここがAmazonと大きく異なる点ですが、
受注後に在庫が確保できなかった場合でも
マイナス評価がないということです。

 

つまりほぼリスクなしで
出品点数に応じて、
利益を加速させることが可能となります。
ですが、
一方でBUYMAの場合
ハイブランドが中心となりますので
仕入れの最適化が難しいという面があります。

 

1日のブランドランキングを紹介しますと
以下の様な感じになります。

  • PRADA
  • CHANEL
  • Victoria’s secret
  • Michael Kors
  • HERMES
  • kate spade new york
  • Christian Louboutin
  • FENDI
  • Nike
  • Louis Vuitton

いかがでしょうか。

 

ほとんどが耳にしたことがある
ブランドばかりかと思います。

 

元は繊維ですので
原価率だけを見れば
安くできないはずがありませんが
この様なハイブランドを
上流から仕入れることは困難です。

 

ですので、
BUYMAでは
多くの出品者が小売から仕入れています。

 

では、
これを日本Amazonでの
無在庫販売に置き換えた場合
どうでしょうか。

 

Amazon輸入無在庫販売

Amazon輸入 無在庫

Amazon輸出はよく聞くが
Amazon「輸入」となると
話が別かと思います。

プロセス的には同じで
単純に国が逆転しただけに感じますが
何が違うのでしょうか。

少ない情報の中でも
耳にするAmazon輸入無在庫販売は
「中国輸入」を介した
販売手法だということです。

 

主に扱う商品カテゴリは
服、ファッション等のアパレルカテゴリです。

これをアマゾン輸出と同様に
発送完了までの期間を長く設けて
販売するということです。

 

本来であれば
モノが売れる原理から考えますと
同じ商品にFBA出品している方がいれば
かなり売れにくいと思われますので
ジャンルはかなりニッチな商品
絞る必要があります。

 

そうでなければ
まず売れません。

 

中国のアパレルをAmazon内で調べる際には
検索窓に「コスプレ、ノーブランド」と言った
キーワードを入れると容易に見つかります。

 

その商品群から
一つ一つ見ていきますと
確かに発送期間を長く設けた商品
数多くありました。

Amazon輸入 無在庫

Amazon輸入 無在庫

Amazon輸入 無在庫

Amazon輸入 無在庫

最長で25日という表記もあり
販売実績を調べても文句なしに売れていましたので
それで成立しているということです。

 

つまり、
やり方次第では
Amazon輸入による無在庫販売でも
不可能なことはないという訳ですね。

 

ただ、
無在庫販売で面倒な点は
商品の返品です。

 

大抵の購入者は、発送期間等の
注記など読みもしませんので
注文確定後にクレームを受ける可能性が
高くなりがちです。

ですので、
受注を受けた後に
まず行うべきなのが
「納期はX日からX日です。」
というメッセージの送信です。

 

これでも見ない方が多いのが現状ですので
納品完了までの細かな対応が
求められると思います。

最後に

Amazon輸入 無在庫

ややマイナス面が
後半は強く出てしまった印象がありますが
無在庫販売にはそれを打ち消すだけの
メリットがあることも
同時にお分かり頂けたかと思います。

もちろん、
販売のし易さで言えば
Amazon輸出に軍配が上がりますし
輸入で見るとBUYMAに魅力を
感じるかもしれませんが
Amazon輸入による無在庫販売にも
可能性が大いにあるということです。

 

実際には、
中国輸入に限らず
北米でも欧州でも不可能ではありませんので
常に可能性を模索して
試行錯誤を繰り返してください。