「Amazon輸出への参入者数の増加」

「Amazon輸出は既に終わっている」
この様な言葉は
最近では珍しくありません。

 

Amazon輸出は飽和している為、
稼げない、儲からないという方は多いです。

 

では、実際に儲からないのかと言いますと
そんなことはありません。

 

儲けている方は現にいます。

 

では
儲からないと声を揃える方には
どの様な特徴があるのでしょうか。

 

努力が足りない

amazon輸出 セミナー 大阪

単純に、
物理的な作業量が足りない。

 

儲けている側の方からすれば
この一言に尽きます。

まず、
Amazonの土壌を借りている時点で
Amazonで商品を販売する度に
売上に対し15%の手数料が掛かってきますが
それを考慮してプロセスを組む必要があります。

 

それすら考えずに行動して
結果、資金が尽きる方もいます。

それを最低限考え
次のステップに移ったとしても
膨大な手数料を取られる事実は
変わらないのですから
月間で一定の利益を出す為には
その分、数は必要です。

 

1品1品の売買に
一喜一憂が過ぎると
そこから先へ進めません。

eBayへの逃げ道

amazon輸入代行

本当は、上の努力の欠如だけで
完結する話としたいのですが
大変の人は、
別の道を模索するものです。

 

Amazon”輸出”に臨んでいた方々ですので
まずは、eBayの選択肢は捨てきれません。

 

WEB上にてeBay輸出の記事を探せば
大抵、Amazon輸出よりも参入障壁が高い為
パイの取り合いは起こらないと
刷り込まれますが
実際には、相応の参入障壁に触れ
また、別の道を模索することに帰ってきます。

eBayでは、
Amazon輸出とは異なった
英語等の語学力然り、
出品枠の制限等と
規範が設けられている為当然です。

 

次に、
物販の枠から遠のき
他のアフィリエイトや情報販売等と
逡巡することになることが予想されますが
結局は、最初の努力に繋がってくると思います。

 

買い手(顧客)を意識していない

amazon輸出 返品 送料

Amazon輸出は一見
ネット上のみで完結してしまう
ビジネスですので、商品が売買された際に
画面の向こうにいる顧客の存在を
ないがしろにしがちです。

 

顧客も馬鹿ではありませんので
軽い意識、顧客を敬わない意識は
直ぐに伝わってしまうでしょう。

例えば、
顧客が考える視点として
自分が買った商品は
1日でも早く手元に欲しいものです。

 

商品説明文に、
発送期間についての
記載を徹底している場合でも
顧客側から発送に関してのリクエストを
頂くことは少なくありませんので
その点に柔軟に対応してあげることも
Amazon輸出で商売をする上で重要です。

 

これらの対応はAmazonアカウントの
評価に繋がることは間違いありません。

 

 

その積み重ねによって
近い将来、自分が優位に販売活動が
行えるのであれば大した労力ではありません。

 

意識の違いにより、Amazonでの未来が
変わってくることは認識すべきです。

Amazon輸出で、
ビジネスを組み立てている方がいる以上、
儲からない理由はありませんので
相応の努力を重ねてみましょう。

 

 

 

最後に

amazon輸出 fba 手数料

「amazon輸出は儲からないのか?」

この真偽を分かって頂ければ幸いです。

 

もしもAmazon輸出
稼げないビジネスであれば
既に廃れていると言えるでしょう。

 

 

はっきりいいます。

 

Amazon輸出
今でも儲かるビジネスです。